top of page
  • soeda15

肩ひじ張らずに子供たちの居場所をつくる ~野川の駄菓子屋さん TIDA`S houseさん~

先日、高戸川崎市議と、西野川1丁目にある、駄菓子屋さん TIDA`S  houseさんに行ってきました。ここは、駄菓子屋さんと子供たちの居場所づくりを兼ねています。



少なくとも築70年以上(実際は不明)!?という空き家を、ボランティアの皆さんが自前で改修して運営。今では、綺麗でおしゃれな古民家です!



駄菓子を買って、そこでおしゃべりしたり、宿題したりしながら食べる場所。コンビニで言えば、「イートインスペースの子供版」のような感じですかね(笑)



ただ、学童保育とは違い、費用を取るわけではないので、その場所で過ごすことにより、何かあった場合でも、責任は取らないというスタイル。これが肩ひじ張らずに運営できると、管理者の小川さんは話していました。



逆に「しっかり、子供達を見ていてほしい」と感じる保護者さんは、学童保育等に預けるのがよいかと思いました。



つまり、「ご家庭によって、子供の居場所に選択肢がある」ことが重要です。

こうした、気軽さをもって運営でき、肩ひじ張らずにやれる「子供の居場所」の存在が重要と感じます。


空き家対策と子供の居場所づくりとを兼ねた、一石二鳥のこうした取り組みを応援していきたいと思います。

Comments


bottom of page