• そえだ勝

先日、憲法をテーマに勉強会を行いました。講師は大学時代の友人で今、大阪で弁護士をしている茂永崇君にお願いしました。



彼とは学生時代、朝までよく飲んだくれてましたが(苦笑)。。。

https://www.bengo4.com/osaka/a_27100/g_27127/l_127999/

彼は法律の専門家ゆえ、当たり前ですが、その元になるのは憲法。それゆえ、護憲・改憲いずれにせよ、「憲法とは何か」をちゃんと知らずに、憲法議論がなされていることに違和感があったので、今回、この勉強会を行いました。やはり、法律家らしく、非常にわかりやすく、そして、実例を交えて話してくれ、参加された方皆が納得していました。


一言でいうと、「憲法とは権力を縛るもの」であり、「法の支配」を絶対的に守るためにあります。わかっているつもりが意外にわかっていないことかと思います。憲法議論はよく9条論議に終始してしまい、肝心な憲法そもそも論は置き去りにされ、親安部・反安部といった不毛な議論が散見されます。

その意味で、私は今回、法律のプロである茂永君にお願いすることで、改めて市民の皆さんが「憲法とは」をまず把握したうえで、護憲・改憲を考えてほしいという思いから、勉強会を開かせていただきました。今後、こうしたテーマに限らず、市民政策勉強会を行っていきますので、ぜひご興味ある方はそえだ勝事務所(044-862-8677)まで、ご連絡ください。


閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示