• そえだ勝

リハビリのプロの勉強会  ~逆介護保険をさらに進化させるために~


先日、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などの皆さんの勉強会、セラピストの勉強会にお邪魔してきました。

元介護士議員として、逆介護保険を進めていますが、その中にリハビリのプロの視点を加え、さらに自立支援介護が進むようにすべく、勉強のために行ってきました。

介護士は生活支援のプロですが、セラピストの皆さんはやはり、身体機能改善のプロでした。

私は現場時代、高齢者を単に車いすにおのせし、いかに心地よく過ごしてもらうかに気を付けてきました。

しかし、セラピストの皆さんは下の写真にあるように、「身体寸法」という概念をお持ちで、車いすに乗った状態の長さをしっかり測り、より自立支援に近づけるにはどうするかについて、考えておられました。

やはり、そんな視点をより介護現場にも入れていくことで、より逆介護保険が進んでいくのではと感じた訪問となりました。明日は質問に立ちますが、こうした視点についても織り交ぜて逆介護保険(市名称:健幸福寿プロジェクト)について行う予定です。さあ原稿仕上げなきゃ💦

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示