top of page
  • soeda15

「身を切る改革」について


 日本維新の会 神奈川県議会議員団は、給料の毎月2割カットを目指しています。


 これは、行政からより一層の財源をねん出することを目指しているからです。そのために、政治家がまずは自らの身を削り、説得力を持って行政に切り込んでいくのです。


 私は毎月の給料の2割を、逆介護保険に頑張っている県外介護施設(政治資金規正法の制約があり、県内には寄付できません)に寄付しています。

 ▲議会質疑にて

Comments


bottom of page